So-net無料ブログ作成

SF映画について [映画]

SF映画ではいろいろと記憶に残るものは多いのですが、順不同で思いつくまま書きたいと思います。

高校生の頃、「スター・ウォーズ」の最初の作品(デス・スターが最後に破壊される)を見て、迫力に圧倒されました。当時は「スペース・オペラ」と呼ばれてバカにされていました。確かにストーリーは単純で深みはないけど、映像は当時としてはすごかった。確かにスピルバーグの「未知との遭遇」の方が深みはあるけど、よくわからなかった。

もっと前になるとTVシリーズ「スター・トレック」(邦題「宇宙大作戦」)のカーク船長とミスター・スポックは良かった。でも、後の映画になってミスター・カトーだと思っていたら、実はミスター・スールーだったことにショックを受けた。日本語訳した人が勝手にカトーに変えたのかな?もう、その後のNew Generationになってからはピカード艦長が印象に残っているけど、さらに次の世代はよくわからない。

トムクルーズの「宇宙戦争」(H.G.ウェルズ原作)もまあまあかな。

シュワちゃんの「トータル・リコール」はいただけなかった。

「Mission to Mars」は、なかなか良かった。

「アルマゲドン」は今一つ。

「インデペンデンス・デイ」はそれなりに面白かった。少し出てくる日本が変だけど。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」は3部作のうち、やっぱり最初の作品が一番面白かったね。

「マトリックス」は押井 守のアニメ映画「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」のパクリとわかって魅力半減。

「2001年宇宙の旅」はわけがわからない。

「ブレードランナー」はハリソン・フォードがカッコ良かった。

「XーFILE」は怖いけど、最高に面白い。でも、多すぎて全話見れてません。

まだ、まだ、ありますが、今日はここまで。
タグ:映画 SF映画
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る