So-net無料ブログ作成
検索選択

プリメインアンプを4台も購入してしまったオバカな風景 [オーディオ]

プリメインアンプを4台も購入してしまったオバカな風景です。
つくづく、自分でもバカだなあと思います。
ラックの風景1.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

昨年12月から構想を練っていた バックロードホーンへの挑戦3 [オーディオ]

長岡鉄男氏設計のD-100は10cmまたは12cmフルレンジスピーカーを1本使用したバックロードホーンです。コンセプトは板厚t=15mmの定尺合板(1820mm×910mm)2枚半で2本製作するハイCPバックロードホーンです。
ここで、材料の入手上の都合から、若干の設計変更を加えます、音道の寸法は長岡氏の設計通りで、行きます。ただし、材料をt=12mmのパーティクルボードに変更したいので、オリジナル設計では、合板1枚のバッフル、天板、側板、背面板を全て2枚重ねで24mm厚に変更し、スピーカーBOXとしての剛性を確保します。そのため、外寸が若干オリジナルとは異なります。板はt=12mmのパーティクルボードの定尺合板(1820mm×910mm)を4枚使用します。
使用ユニットはFOSTEXのFE-126Enです。マグネット重量が440g(FE-103Enは193g)と重量級で完全にオーバーダンピング仕様のバックロードホーン向きユニットです。
FE126En.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

バーチカルツイン自作スピーカー構想 [オーディオ]

色々と自作スピーカーユニットの入れ替えをしておりましたら、手元にFE-103Enが4本の残りました。
FE-103En.jpg
はて、どうしたものかと考えていた矢先、長岡鉄男さんのスピーカー工作事例の本をパラパラとめくっていたところ、バーチカルツインの2WAYスピーカーの製作例が目に留まりました。それは10cmフルレンジ×2個+ツィーターという構成でスタガードバスレフの事例でしたが、FE-103Enツィーターが不要なのは経験上知っているので、10cmフルレンジ×2個でバーチカルツインのスタガードバスレフで行こうと思います。問題は、バスレフポートの周波数設定です。FE-103Enで10Lのバスレフを製作した時に、foc1=100HZ、foc2=33HZでしたので、fd=68HZとしましたが、もう少し下げても良いかと思います。まずは、60HZ。あとは、チャレンジで40HZを試そうかと思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

オーディオ初心者には不向き。プリメインアンプ YAMAHA A-S301。 [オーディオ]

プリメインアンプ YAMAHA A-S301の総評を書きたいと思います
A-S301.jpg
<良いところ>
・DAC入力の音は、透明感あり。

<不満なところ>
・背面端子が金メッキでない。
・トーンコントロールの設定がBASSは400HZ±10dB、TREBLEは3.5KHZ±10dB可変で使いにくい。
 従来型でよくある設定のBASSは100HZ±10dB、TREBLEは10KHZ±10dB可変の方が使いやすい。
・連続可変ラウドネス(LOUDNESS)の使い方がわからない。
・組み合わせるスピーカーで音に相当差があり。低音不足のブックシェルフでは貧相な音しか鳴らない。
・音源に忠実すぎる再生。ある程度ぼかして、それなりに鳴らすということができない。ここのあたりは、DENONのPMA-390REやONKYOのA-9050の方が処理がうまい。今時のミキシングで音を人工的に作成された音源は、貧相な音を出す。JAZZのようなシンプルな音源やきっちりと楽器の音を生かす録音をしてあるものは良い音を出します。

<期待>
・特性としては、バックロードホーン向き。ダンピングファクター2100も生きるかも。


タグ:総評 A-S301
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

続4・プリメインアンプ YAMAHA A-S301 DAC入力の音 [オーディオ]

プリメインアンプ YAMAHA A-S301のDAC入力の音をもう少し聞いてみました。
A-S301.jpg
CD ONKYO C-7030光デジタル出力+自作SP BSP-701改(FOSTEX P1000K+FOSTEX FT-17Hの2WAY、10L,バスレフ、fd=70Hz、クロスオーバー周波数=13KHZ(C=1.5μF))
様々なアーティストや音楽ジャンルで聞いてみました。ソースをとても選ぶアンプです。
音源に情報が入っていないときは、「入っていません!」という陳腐な音を出し、ちゃんと低音が録音されている音楽は「入ってます!」とばかりしっかり鳴らしてくれます。DENON PMA-390REのように何でも無難に鳴らすというアンプではありません。バカ正直すぎるくらい、音源に忠実なアンプだと思います。決して、ユーザーに媚びを売らない、切れ味の良さ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

続3・プリメインアンプ YAMAHA A-S301 DACの実力 [オーディオ]

プリメインアンプ YAMAHA A-S301のDAC入力の音を聞いてみました
A-S301.jpg
CD ONKYO C-7030光デジタル出力+自作SP BSP-701改(FOSTEX P1000K+FOSTEX FT-17Hの2WAY、10L,バスレフ、fd=70Hz、クロスオーバー周波数=13KHZ(C=1.5μF))
ここまでのA-S301の音の感想で書いてきませんでしたが、アナログ入力の音は音楽に絹の布を一枚被せたような、少し透明感のない音でした。しかし、DAC入力に変えたところ、一気に透明感が増しました。内部的に、いくつかの回路が飛ばされるのかもしれません。A-S301に限っては、アナログ入力より絶対DAC入力の方が音がクリアです。DACは公開されていませんが、特にバーブラウンのDACを使用している、ONKYOのA-9050に劣るとは思えませんでした。聞いたのは、小林 桂のJAZZとimage3です。image3はアナログ入力との違いが特に顕著にわかりました。1曲目のドラムの音、琴の音色、管楽器の音のはじけ方。別物です。アナログ入力にはない力強さを感じました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

続2・プリメインアンプ YAMAHA A-S301 コンセプト [オーディオ]

プリメインアンプ YAMAHA A-S301のコンセプト。
A-S301.jpg
BASSが400HZとTREBLEが3.5KHZということは、今時のデジタルアンプがトーンコントロールが無いのと同様、プリメインアンプにそんな機能は期待するなというコンセプトだと思います。背面にSUB WOOFER端子があるので、どうしても100HZ以下の低音が欲しい人はこれを使ってサブウーファーを買ってくださいということですよね。
どこかのWEB上オークションでこのアンプを購入したが、自分のイメージした音でないのですぐに売りに出した人を見かけました。その気持ちわかります。このアンプ使いにくいです。でも、ダンピングファクター2100はバックロードフォーンをドライブするには最適だと思っています。ユーザーに挑戦してくるプリメインアンプです。ヤマハのよほど変わり者の方の設計でしょう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

続・プリメインアンプ YAMAHA A-S301 謎の連続可変ラウドネス [オーディオ]

プリメインアンプ YAMAHA A-S301の引き続き試聴です。
A-S301.jpg
CDはONKYO C-7030のアナログ出力+A-S301でBASSはFLATで固定、スピーカーはトールボーイスピーカーSSP-301(12cmフルレンジSP FE-127KO単発(内容積37L、fd=45HZ バスレフ)
BASSとTREBLEの周波数が普通のプリメインアンプとは異なり、使いずらいので、あと低音増強手段はLOUDNESSしかありません。しかし、通常はラウドネスはBASSとTREBLEを100HZと10KHZで同時に6~10dB増強するボタン式で、低音だけでなく高音まで強調されてしまうのが好きではありません。
このA-S301は通常ボタン式のLOUDNESSが連続可変でしかも、ボリュームと連動して音の大きさが変わるという大変使いにくいものです。しかも、強調される周波数は取説には明示がなく不明。とりあえず使ってみました。やはり低音と高音が同時に強調されて、思った音になりません。また、ポルノグラフィティを聞いてもやはり低音があまり効かない感じです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

プリメインアンプ YAMAHA A-S301来ました。少し聞いてみました。 [オーディオ]

早かったです。Amazonに注文して翌日には来ました。プリメインアンプ YAMAHA A-S301。
A-S301.jpg
背面を見て残念なことがありました、端子が金メッキでないんです。定価43,200円(税込)からするとやむなしというところでしょうか。まあ、DAC付きだからしょうがないです。
少しだけ試聴。CDはONKYO C-7030のアナログ出力+A-S301でBASSを時計の2時くらいの位置で固定、スピーカーはトールボーイスピーカーSSP-301(12cmフルレンジSP FE-127KO単発(内容積37L、fd=45HZ バスレフ)
ヤマハは「音が軽い」という過去からの先入観がありましたが、そうでもないです。結構低音が出ています。音楽はimage3です。ドラムの音はまあまあです。しかし、ソフトをポルノグラフィティに変えてBASSアシストが効きません。そこで、取説を見てびっくり、通常BASSは100HZに設定され±10dB可変ですが、A-S301は400HZ±10dB可変。この領域は低音というより、ボーカルの音に近いです。それに加え、TREBLEの通常は10KHZ±10dB可変ですが、A-S301は3.5KHZ±10dB可変です。これまたボーカル寄り。人の声は相当影響受けますが、楽器の低音や高音を増すのに不向きです。そこで、途中からSOURCE DIRECTに切り替えて聞いています。また、感想をブログに載せたいと思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新しくクレジットカードを追加しました [雑感]

今、メインで持っているクレジットカードのポイントは、平均的なクレジットカードと同じく購入価格の0.5%しかつきません。10,000円分使って50円です。少ないと思います。
いろいろ考えていたところに、プリメインアンプの値下げ情報が入ったので、Amzonカードを作りました。これにはいろいろと種類がありますが、年会費無料(初年度無料、2年目からは年1回以上使用すれば無料)でAmazonサイトで購入時、ポイントは1.5%、他の店で使っても1%付くタイプにしました。また、マスターカードが付いてきますので、国内外どこでも使えます。
amazon.jpg
今日入った飲食店で「JCBとAMEXは使用できません。」と表示がありました。やはり、VISAかMASTERじゃないとクレジットカードは不便だと思いました。
もちろん、初回購入特典の5000ポイント(今は、2000ポイントに下がったようです。キャンペーンなどで金額に変動ありと見た方がようでしょう。)は、プリメインアンプの購入に充てました。
ちなみに、Amazonカードは2014年から新たに発行が始まったようです(過去に発行してやめたという話もありますが・・・)。Amazonを使って購入する場合に還元ポイントがAmazonカードより高い2%とか還元されるカードもあるようですが、要注意です。そういったカードは通常、年会費が有料です。下記サイトを見ると、年間20万円を超えて、30万円以上使う人は他カードの方がメリットがあるようです。ご注意を。

https://nomad-saving.com/5602/


タグ:amazonカード
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る