So-net無料ブログ作成
検索選択

バックロードホーンは低音不足を感じます [オーディオ]

FE-126En単発バックロードホーン+スーパーツイーターFOSTEXのFT-17H(ネットワーク用コンデンサーを0.68μFクロスオーバー周波数を30KHZ)で聞いていますが、この長岡鉄男氏設計のD-100改は音道は長岡氏の設計通りなので、ホーンのカットオフ周波数は64HZです。FFTで解析するときれいに64HZまで低音が出ていますが、それ以下の低音は全く出ないと言っていいくらい急降下します。バスレフはここまで極端に下がらないので、バスレフと比較すると低音不足を感じます。だから、長岡氏もバックロードホーンにはASW方式のスーパーウーファーを必ず組み合わせていました。ASW自作までの元気がなく、3Dウーファーにしようかと思いましたが、バックロードホーンの切れ味の良いサウンドとうまく音がつながるものがあるか心配で二の足を踏んでいます。万能なスピーカーはなかなかできないものですね。
IMG_2506_trim.JPG

タグ:FOSTEX FE-126En
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マランツCD5005のヘッドフォン音質 [オーディオ]

CD5005の売りの1つが高品質ヘッドフォンアンプです。
DENON DCD-755REと比較してみました。ヘッドフォンはAudiotechnicaのATH-TAD400です。
聞いた音楽はJ-POPドリカムスキマスイッチです。
結論から言いますと、顕著な差は感じられませんでした。
それぞれ歪み感は無く、それなりに聴ける音質でした。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

マランツCD5005の第一印象 [オーディオ]

CD5005が来ました。やっとゆっくり今日音が聴けましたが、感想はまだ固まっていません。
マランツ PM5005との組み合わせで自作スピーカーFOSTEX FE-126En 1発バックロードホーン(長岡鉄男氏 D-100を一部改造設計品)+FOSTEX FT17Hの2WAYで試聴(SOURCE DIRECT)。
DENONとの比較というよりは、純粋に感じた印象です。
・思っていたよりは低音が出る。
・ボーカル域から上の高音が楽器も含めて透明感が高くきれいに聞こえる。
・高域がヒステリックにならない。
とりあえず第一印象ですから。聴く音楽によって新しい発見も今後あると思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。