So-net無料ブログ作成
オーディオ ブログトップ
前の10件 | -

雑誌評価は高いのに価格コムに上がらないオーディオ製品 [オーディオ]

雑誌オーディオアクセサリーや雑誌AV(AudioVisual)レビュー等を発行している音元出版がWEBと雑誌上で年2回発表しているいわゆる「BEST BUY コンポ」の賞がVGPアワードです。
最新のVGP2018の部門賞を見ると、新顔がハイCP部門に登場しています。各部門特に優れたものに金賞、その他は受賞と発表されます

<プリメインアンプ部門5万円以下>
金賞 CAMBRIDGE AUDIO Topaz AM5 定価19,800円(税別)
<オーディオプレーヤー部門5万円以下>
金賞 CAMBRIDGE AUDIO Topaz CD5  定価19,800円(税別)

プリメインアンプ部門もオーディオプレーヤー部門も、実売2万円台は激戦区で名機がそろっているところでともにいきなり、金賞を取ったCAMBRIDGE AUDIO はイギリスのオーディオ老舗メーカーだそうです。
ところがこの結果が昨年(2017年)の11月17日に発表後、発売されたにもかかわらず、価格コムの各部門に全く上がっていません。Amazonを見るとちゃんと販売されています。

これは国産機保護の画策でしょうか?

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

オーディオマニアについて自論 [オーディオ]

どこかのサイトで「オーディオマニアは、コンポの比較ばかりしている。」との書き込みがありました。オーディオマニア歴39年の私が思うに、そういう時期もありますが、最後に自分の予算と聞く部屋が定まると自分なりのベストな組み合わせができ、音楽鑑賞ちゃんとしていますよ。
ただし、新しいもの好きで最近はPCオーディオにはまっており、自分なりの回答はUSB経由でデジタルアンプに接続し、コンパクトなスピーカーで再生するというのがBESTだと思います。
この程度にしないと、せいぜい23インチくらいのモニタ画像動画が音に負けてしまいますから。
オーディオは映像との釣り合いも大事だと思っています。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

やっぱりMisiaはいいですね! [オーディオ]

下記の私のメインシステムで久しぶりにMisiaをオリジナルBEST版を作って聞きました。

プリメインアンプ:ONKYO A-9050(デジタルイン 光ケーブル)
CDプレーヤー  :C-7030(デジタルアウト 光ケーブル)
スピーカー(自作) :フルレンジFOSTEX FE-126En+ツィーターFT17Hバックロードフォーン
      (クロスオーバー周波数20KHZ 6dB/oct+アッテネータはオーディオ用固定抵抗)

ポップ、ロック、バラードを包含したMisiaの音楽は時代を超えて、今聞いても色あせない美しい歌声はすばらしいです。特に好きな曲は、
「Everything」
「忘れない日々」
「陽のあたる場所」
「Escape」
です。

タグ:MISIA
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

FOSTEX PC200USBーHR(CG)を購入しましたPC専用USBアンプとしてはハイCPです。 [オーディオ]

PC専用USB入力デジタルアンプとしてはハイCPであることは間違いありません。
【デザイン】スイッチ兼ボリュームが1個しかなく、シンプルなデザインで良い。色もシャンパンゴールドは高級感があってよい。
【操作性】スイッチ兼ボリュームが1個しかないので、良いに決まっています。
【音質】下位機種PC200USBとの比較になりますが、下記が特徴です。
1. 低域が力強くパワーがある。2.ボリュームを上げた時に音が繊細です。
【パワー】自作SP(フルレンジFOSTEX P1000K+ドームツィーターART 25HP-03/5Lバスレフ)で評価しましたが、8Ω能率88dB程度の低能率スピーカーでも十分大音量鳴らせますよ(近所迷惑なくらい)。
【機能性】PC専用で入力がUSB端子しかないので、機能が多いとは言えません。
【入出力端子】PC専用で入力がUSB端子しかないので、少ないですね。
【サイズ】幅90mm×奥行90mm×高さ40mm(ケーブル類の分は除く)で大変コンパクト。PC周りはスペースが少ないのでこのコンパクトさはすごい。
【総評】Amazonで11,872円(税込)で購入。この下位機種PC200USBが9,500円(税込)でわずか2,200円程度UPなら間違いなくハイCPです。
デジタルアンプにありがちなハイ上がり特性が無く、低域も下位機種PC200USBよりしっかり出ています。私の経験からですが、これは電源が変更されたこと及びそれに伴い回路がおそらく見直されたことが理由だと思います。
PC200USBに供給される電源DC出力は12V1500mAですが、PC200USBーHRの電源は15V3200mAです。電圧を上げ、電流を2倍以上にすると、低域の押し出しは大幅に改善します。あと、ボリュームを上げた時に、PC200USBはやや粗削りな側面が見えますが、PC200USBーHRは繊細さを失いません。これは回路の見直し効果だと思います。もし、PC専用アンプご検討の方には、おすすめです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スマホの音楽再生アプリに大きな差 [オーディオ]

スマホの音楽再生アプリに大きな差と言っても、音の差ではありません。
所詮INーearタイプの1000円くらいのステレオイヤホンで聞く音ですから。
使い勝手です。
色々試しましたが、やはり
 ONKYOのHF PLAYER
が一番使い勝手は良いです。
データはハイレゾ仕様なのでWAVかFLACになりますが、WAVでも今時はスマホのSDカードも16GB、32GBが当たり前なので私は変換作業が面倒なのでWAVのままデータをスマホに入れて聞いています。
曲順を自分で変更して、名前を付けて保存できたり。11点グライコも使いやすいです。
そして、最も驚いたのは歌詞の自動表示(インターネットサイトからの自動ダウンロード)とカラオケみたいに歌に合わせて歌詞の色が順に変わってゆく機能です。新しい歌の歌詞を覚えるには持って来いの機能です。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

おわび [オーディオ]

私は恥ずかしながらHPのコメントが入力されたことが自動で教えてもらえないことを昨日気が付きました。
4件もコメントいただいていたのに、返せていなくて申し訳ありませんでした。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中部地方のハイCPオーディオマニアの方々へ [オーディオ]

良かったらコメントください。
ただし、怪しい広告を入力する方々はお断りします。ですので、コメントは承認後表示を選択しています。ご了承の程を。かつて痛い目に遭いましたので。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヤマハの新型プリメインアンプ上位機種も同時発売されていました。 [オーディオ]

ヤマハからプリメインアンプ機能搭載のハイレゾ対応ネットワークレシーバーR-N303(色:黒、シルバー)が出ましたが、同時にR-N803が出ていました。
基本的には、R-N303の仕様をグレードアップ+2chステレオで(5.1chAVアンプではポピュラーですが)初めてマイクを使用した音場補正機能を持たせました。これがうまく機能すれば、実質的にはトーンコントールなしで周波数特性がフラットな音が聞けるわけです。
だから、トーンコントール機能軽視なのですね。ちなみにR-N803のトーンコントールの中心周波数はBASS 300HZでTREBLE 3KHZです。これはどちらと言えば、A-S301に近い設定でR-N303とも異なります。
ただ、R-N303に音場補正機能はありませんのでトーンコントール中心周波数はノーマルにしてほしかったですね。
タグ:R-N803
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

CDプレーヤーに新製品が出ません [オーディオ]

ここのところCDプレーヤーに新製品が出ません。
昨年10月にパイオニアからPD-10AEとPD-30AEが出てますが、これはあくまでも不評だったSACD対応の旧型を現実的な通常のCD対応のみとし、不具合対応と見るべきでしょう。
ハイレゾ音源としてSACDがあまり普及しているとは思えない状況で、オーディオ各社ともCDプレーヤーの方向性を模索しているのでしょうか?
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ヤマハの新型プリメインアンプに興味あり [オーディオ]

ヤマハからプリメインアンプ機能搭載のハイレゾ対応ネットワークレシーバーが出ました
R-N303(色:黒、シルバー)
Wi-Fi対応、Bluetooth対応でLAN経由で家の中の音楽ネットワークサーバーから音楽を引っぱりだせます。R-N602のコストダウン版だと思われます。
通常、この機能を持っているのはAVアンプですが、余分なぜい肉をそぎ落とし、2chステレオに特化したのは、ヤマハの面白いところ。これによって定価49,000円(税別)となり、1年後には実売価格2万円台になるのではないでしょうか。
ただし、いつも気になるのは、トーンコントロール中心周波数のおかしな設定。
他社は通常、BASS 100HZ±10dB、TREBLE 10KHZ±10dBですが、今回発売のR-N303は、
BASS 50HZ±10dB、TREBLE 20KHZ±10dBとトリッキー。ハイレゾ対応したつもりだと思いますが、使えるスピーカーが限定されると思います。
A-S301のBASS 400HZ±10dB、TREBLE 3.5KHZ±10dBよりはましだと思いますが・・・。
なぜか、ここだけ異色です。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - オーディオ ブログトップ
メッセージを送る