So-net無料ブログ作成

久しぶりにDIYしました [DIY]

久しぶりにDIYしました。屋根のペンキ塗りです。うちの屋根は陸屋根と言ってガルバリニウム鋼板を断面が台形状になるように折り曲げた部材を繰り返し重ねてできて屋根を形どっています。
約10年前に下地処理なしで、いきなり、アサヒペンの水性多用途(外用)を使い白く塗りました。10年ぶりに屋根に上り状況を確かめると、錆びているのは面積で約5~10%程度。ただし、錆びてはいないものの、ペンキがやや剥げて薄くなっているところは多数ありました。今回の目的はとりあえず、錆びているところを無くすという目的だったので、そこだけ塗りました。今回は、前の塗料よりグレードアップして、アサピペン 水性 スーパーコート多用途にしました、このスーパーコートシリーズは前使用したものより1ランク上の商品で価格も高いですが、白系のみには特別な混ぜ物がしてあり、他色より錆びにくいということで選定しました。ローラーでころころと塗り半日×2日かかりましたが塗り終わり満足しています。
一般に下地処理しろと説明されていますが、いきなり塗っても結構持ちますよ。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久々に本格的DIYをやりました その2(つづき) [DIY]

久々に本格的DIYをやりました。のつづきです。
実はやらざる得なくなりました。
シロアリ天国になっていた玄関の小屋組みされた軒の修理続編です。
屋根材として機能しなくなったアスファルトシングルの防水をやりました。
ネットで調べると、水性シリコン系の塗装が最も有効なようなので、まず、下地塗りとして安いシリコン系塗料を塗り(こげ茶色)、乾燥後ハイグレードなシリコンーアクリル系塗料を塗る作戦です。アスファルトシングルの表面は板に1mm角くらいの石を粗く接着したような表面なので、塗料の浸透が悪く、70mmハケで塗りましたが思ったより苦労しました。しかし、何とか下地塗り、その後の本塗りを完了。これで防水ができたかどうか見た目ではよくわかりませんが、とりあえず様子見で雨天時に水のはじき方を観察したいと思います。
ちなみに塗料はアサヒペンの多用途を使いました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久々に本格的DIYをやりました [DIY]

久々に本格的DIYをやりました。
実はやらざる得なくなりました。
玄関に軒があるのですが、簡単な軒でなく、小屋組みされた軒なのです。その屋根に大穴が開いて、水がダダ漏れ。
原因は屋根がアスファルトシングルというタイプで防水性がとっくに失われ、小屋組みの中はシロアリ天国になっていたという始末です。
ボロボロになった屋根材を全てはがし、下地の板材ごと廃棄。小屋組みの中は掃除機できれいにし、残った部材もシロアリの侵入あと多数なので、シロアリ専用殺虫剤を中にまきまくり浸透させました。
この後が大変で、構造用合板を小屋根TOPサイズに切り、まず防腐・防蟻塗装を施した後打ち付けました。その上にポリカーボネート性の波板を屋根として貼り、壁とのつなぎ目はとりあえずシリコンシーラーで止めました。側面も同様に防腐・防蟻塗装した合板を貼り、すき間はシリコンシーラーで。
これだけやるのに、正月休みが全てつぶれました。
まだまだ、道半ばです、本来建物と小屋組みのすき間はシリコンシーラーでは防水がすぐにダメになるので、その境界に水切りをつけることにしました。専用の塗装済鉄板だけは買いました。
まだまだ、あります。真犯人のアスファルトシングルの防水です。
ネットで調べると、水性シリコン系の塗装が最も有効なようなので、それを考えています。ちなみにアスファルトなので、油性塗料は溶けてしまうのでご法度のようです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
メッセージを送る