So-net無料ブログ作成

良い音を安く実現する自作スピーカー [オーディオ]

ハイCPなオーディオを長い目で見て本当に実現するには、私は自作スピーカーが最も近道だと思います。理由は下記のようです。
1. 音質の6~7割を決定するスピーカーにあまり安いものを使えない(2本で実売2万円以上はかかる。大きさや自分の好きな音にこだわると最低2本で実売3~4万円程度かかるのが普通)。
2. CDプレーヤーやプリメインアンプが低価格で良いものが出てきており、それぞれ2万円程度で済む場合が多く、最もお金がかかるのがスピーカーになる。
3. スピーカー買い替え時にかかるお金がイタイ(通常、スピーカーユニットの交換は購入価格を上回るのでしません)。
ここで、問題なのは市販のスピーカーは一体何年持つのか?自作スピーカーならば、ユニット交換だけで済むが、いくらでいけるのか?
私の経験(市販スピーカーの購入経験及び自作スピーカーの経験)からいうとスピーカーユニットは、物によって異なりますが5~7年程度でしょうか。また、一部のツイーター(高音用スピーカー)や特殊なスピーカーを除き、通常のスピーカーの音を出しているコーン材質は紙なので、直射日光が当たると、極端に寿命が低下し、数年で音が劣化してきます。ですので、部屋の中でのスピーカー配置は注意が必要です。
次に、自作スピーカーならば、ユニット交換だけで済むが、いくらでいけるのかですが、私の自作したスピーカーでフルレンジ1発(FOSTEX FF105WK)タイプなら、1本定価5000円(税抜き)ですので、2本交換しても10000円+消費税で済みます。この交換回数が増えれば増えるほど、自分の好みの音を出すスピーカーが安く手に入ることになります。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。