So-net無料ブログ作成

バーチカルツイン自作スピーカーBOX2台完成しました(未塗装) [オーディオ]

バーチカルツインですが、やっと1組(2台)できました。ユニットはFOSTEX FE-103En X 2個構成でツイーターなしです。ユニット2個は直列つなぎしておりますので、アンプから見たインピーダンスは16Ωです。fd狙い値は、58HZと65HZです。FE-103Enは各1個はエージングが終わったばかりのユニット、他各1個は新品ユニットなのでエージングがまだ済んでいません。
今回、私が個人的にはあまり好きではないスリットダクト(組立精度が普通のダクトより必要/グラスウールのチリがダクトから出てくる)なので、初めて吸音材に発砲ウレタン(ホームセンターコーナンオリジナル)を使ってみました。量の調整に手間取りましたが。まあまあ使えました。私の吸音材の入れ方は独特です。SSP-301で試してうまく行ったため、ずっと採用している、ユニット裏にユニット鉛直方向に斜め約45°に傾けたの音の拡散板に吸音材を巻き付け、まず、ストレートにスリットダクトから中高音を出さないこと。後は、箱内左右中心に一塊の吸音材を配置し、さらにダクト入口に対向する面奥に大きな吸音材を入れます。これで、まず定在波はできません。ただし、入れすぎるとバスレフダクトからの低音が減少するので、トライアンドエラーで量を調整します。
現状、音の評価は2台そろいましたが、まだ、4台のユニットのうち2台のエージングが終了していないので、もう少し後にしたいと思います。
BS-801.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0