So-net無料ブログ作成

バーチカルツイン自作スピーカーの調整 [オーディオ]

大失敗と思っていたバーチカルツイン(ユニット:FOSTEX FE-103En X 2個構成でツイーターなし/ユニット2個は直列つなぎ。アンプから見たインピーダンスは16Ω/fd狙い値:58HZと65HZ)スピーカーですが、意外や意外、ヤマハのプリメインアンプA-S301と相性が良かったです。
少し妙だなと思い、スピーカー内部の吸音材(バスレフダクト近傍)を減らしてみました。すると、中高音がにぎやかになることも無く、バスレフポートからの低音が増えました。吸音材の入れすぎでした。その後、ヤマハのプリメインアンプA-S301で再び鳴らすとBASS(400HZ)の効果はかなり減退し、変化はあまり大きくなくなりました。しかし、やはり、BASSを時計の針で2時付近までBASSで低音アシストしないと、低音不足に感じます。まあ、これがスピーカー調整の限界だと思い試聴しています。
BS-801.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0