So-net無料ブログ作成

Windows10の32bitには、4コアのA-7670Kは重荷だったので2コアのA-7470Kに変更しました [PC自作]

うちのPCで唯一32bitOSのWindows10の32bitには、4コアのA-7670Kは重荷のようでした。
 ・ひんぱんにブルースクリーンになること。
 ・Windows10 エクスペリエンスインデックスの値でメモリーが5.5とあまりにパフォーマンスが低い。
ことなどから、もう少し、軽めのAPUに変更し、Windows10が使えるメモリーを増やせば安定するのでは?と考え、APUを2コアのA-7470Kに変更しました。Windows10 エクスペリエンスインデックスの値は
 グラフィックが 6.3→5.5 に低下
 メモリー    5.5→5.5 で変化なし
でしたが、OSが使えるメモリーが増えたせいか、ブルースクリーンに今のところなりません。
やはりWindows10は64bit版で最低メモリーは8GBないと安定して動きませんね。

P.S. 私、RYZENが今一つ好きになれないので。メモリーもDDR4で買い替えが必要だし、未だにsocket FM2+にこだわっています。生きた化石化しても良いです。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。