So-net無料ブログ作成

自作スピーカー内配線について [オーディオ]

長岡鉄男氏によると
「スピーカー内部配線はそれほど太いものでなくて良く、1.25mm2~3.5mm2のもので良い。」(「長岡鉄男のオリジナルスピーカー設計術1」出版:音楽之友社)とのことです。
同書によりますと、その理由は2つ。
・5.5mm2のような太い線をスピーカーにはんだ付けすることが困難
・どの道50cm程度の短い線なので、音質にあまり影響しない
からだそうです。
蛇足ですが、氏はメーカー製スピーカーも同様に細い線を使用しているとのこと。

自分自身は何気にいままで1.25mm2の線を使っていましたが、それほどこの線によって、音質が劣化した記憶はないので当たっていると思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。