So-net無料ブログ作成

アンプ→スピーカー接続ケーブル論争3 [オーディオ]

引き続き、スピーカーケーブルの話です。(「アンソロジー 長岡鉄男」出版:音楽之友社)より
「被覆にも多くの問題がある。電気的性質も多少は影響すると思うが、より重要なのは機械的な性質だ。線材をしっかりと締め付け、被覆自体は強度が大きく、しかも鳴きにくく、十分な重量がある、というのが基本。

(長岡鉄男氏の)自作スピーカーケーブルは5.5mm2のキャプタイヤケーブルに2.0mm2 GC-OFC(非売品、4N純度のOFC)を圧着端子で接続して使用している。」

また(「長岡鉄男のオリジナルスピーカー設計術 こんなスピーカー見たことない1」出版:音楽之友社)Q&Aコーナーより
「(私が使用している)キャプタイヤケーブルは電気工事用の規格品であり、正式名称は”2芯ビニル線種ビニルキャプタイヤケーブル”といいます。太さによって7種類に分けられますが、オーディオ用として適用なのは、
 2.0mm2(1芯線構成:Φ0.26mm×37本)
 3.5mm2(1芯線構成:Φ0.32mm×45本)
 5.5mm2(1芯線構成:Φ0.32mm×70本)
の3種類でしょう。」

以上から長岡鉄男氏が使用していたスピーカーケーブルは
 5.5mm2のキャプタイヤケーブル(1芯線構成:Φ0.32mm×70本)に2.0mm2 GC-OFC(非売品、4N純度のOFC)を圧着端子で接続したもの
だということがわかりました。
また、雑誌の写真から”2.0mm2 GC-OFC”の長さは15cm程度で、形状から2芯のキャプタイヤケーブルであることがわかりました。このGC-OFC線が単線か撚線かはわかりません。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。