So-net無料ブログ作成

アンプ→スピーカー接続ケーブル論争5 [オーディオ]

私は下記のキャプタイヤケーブルを入手し比較試聴しました。
 A:1.25mm2(1芯線構成:Φ0.18mm×50本)(2芯キャプタイヤ)1.5m×2本
 B:2.0mm2(1芯線構成:Φ0.26mm×37本)(2芯キャプタイヤ)1.5m×2本
 C:3.5mm2(1芯線構成:Φ0.32mm×45本)(4芯キャプタイヤ)1.4m×2本
 D:5.5mm2(1芯線構成:Φ0.32mm×70本)(4芯キャプタイヤ)1.5m×2本
※CとDは入手できるのが4芯だったので、4芯のうち対向した2芯のみ使用しています。また、Dのみは、プリメインアンプ及びスピーカー端子接続するには太すぎるため、Bのケーブルを15cm切り、圧着スリーブというアルミ製の線を圧着して継ぐものの5.5mm2仕様を使用して、2つの線をつなぎました。圧着工具でスリーブを3箇所くらいかしめ、その後100%Snはんだでスリーブとケーブル芯線をはんだ付けしました。その後、継いだ部分や芯線が見えている部分等導体は絶縁用ビニールテープでしっかり巻き、すべて絶縁してしっかりと固定しました。
5.5mm2キャプタイヤスリーブ接続1.JPG
5.5mm2キャプタイヤスリーブ接続2.jpg
5.5mm2キャプタイヤスリーブ接続3.jpg
5.5mm2キャプタイヤスリーブ接続4.jpg
<試聴システム>
・CDプレーヤー PIONEER PD-30AE
・プリメインアンプ ONKYO A-9050
※接続:CDからコアキシャルデジタル出力し、A-9050のデジタル入力へ接続。ケーブルはオーディオテクニカ製コアキシャルデジタル専用ケーブルAT594D/1.0m。DACはA-9050内蔵のものを使用。
・スピーカー D-100改(長岡鉄男氏設計のバックロードフォーンD-100をベースに変更を加えたもの):D-100からの変更点
 ・スピーカーユニットをFF125K→FE126Enに変更
 ・スーパーツィーターとしてFOSTEX FT17Hを追加。クロスオーバー周波数は25KHzで0.68μF
  のPARC AUDIOのポリプロピレンコンデンサーで6dB/octのフィルターのみ。アッテネータは
  オーディオ用抵抗で構成。FE126Enの能率に合わせこみしました。
 ・板材をt=15mm合板からt=12mmのパーティクルボードに変更
 ・板材を薄くしたため、バッフル・天板・背板を板材2枚重ねで補強
 ・音道に変更なし。
参考:D-100のホーンカットオフ周波数は64Hz

<試聴に使ったCD>
・J-pop、Rock、80年代POPS・DISCO MUSIC・Rock

<試聴結果>
◎ケーブルA
・私はずっとスピーカーケーブルとして、この線を使用してきたので、いつも聴いている音。

◎ケーブルB
・Aより透明感が向上し、音像の輪郭がはっきりし、音にパンチ力もありました。

◎ケーブルC
・Bよりさらに透明感・音像・パンチ力向上。ダイナミックレンジが広がり細かい音も聞こえてきました。

◎ケーブルD
・Cよりさらに透明感は向上。しかし、音像がぼんやりし、パンチ力低下。全体に音がぼやけた印象になりました。

<結論>
・私のメインシステムでは、3.5mm2(1芯線構成:Φ0.32mm×45本)(4芯キャプタイヤ)1.35m×2本のケーブルがベストでした。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。