So-net無料ブログ作成

フルデジタルプリメインアンプはなぜ主流にならないのか? [オーディオ]

フルデジタルプリメインアンプDENON PMA-30の試聴結果は正直言いまして残念でした。
しかし、なぜフルデジタルプリメインアンプは主流にならないのでしょうか?

安価でベストバイ、ハイCPプリメインアンプは以下のように多数ありますが、すべてアナログプリメインアンプです。
MARANTZ PM5005
DENON PMA-390RE
YAMAHA S-301(DAC内蔵)
ONKYO A-9050(DAC内蔵/生産完了品、後継はA-9150)

もうひとつ、疑問なのは、なぜフルデジタルプリメインアンプはミニコンポサイズにしてしまうのでしょうか?スピーカーへ出力する最終段はどのみちD/A変換後、それなりの出力電流が必要なので、トランスも大型のものが必要なのではないのでしょうか。小型にこだわった結果、中途半端なもになっていないでしょうか?
TEACが出しているデジタルアンプも同様のことが言えます。なぜ、小さくしてしまうのでしょうか?しかし、PMA-30と同条件でデジタルアンプ TEAC A-H01(生産完了品)で試聴したところ、低音は必要十分しっかり出ています。つまり、設計次第ということになります。
PMA30&AH01_3.JPG
A_H01.jpg
いろいろ調べると、現在、発売されているミニコンポのほとんどがパワーアンプ部はデジタルアンプ化されていました。つまり、高効率で発熱が少ないデジタルアンプはミニコンポ向けということになります。また、高効率ゆえ低消費電力で省エネ社会にもマッチするということです。

フルデジタルアンプのメリットは、そのSN比の高さにあります。通常のデジタルアンプはせっかく音楽情報がデジタルで入ってきても
 D/A変換→アナログプリアンプ→A/D変換→デジタルパワーアンプ→D/A変換
という具合に一度内部的にアナログに戻してしまうため、当然S/N比が悪くなります。
ただし、この差が、どの程度の差かということです。

私の使用しているバックロードホーンD-100改でも、その差はわずかに聞き取れるレベルです。あまりオーディオに興味がない方は差がわからないかもしれません。長岡鉄男氏設計のスーパースワンならわかりやすいかもしれませんが・・・。

また、デジタルプリメインアンプが不発だったのも理由の一つかもしれません。下記のような比較的サイズが大きなデジタルプリメインアンプ製品が発売されていましたが、現在は生産完了し、後継機種も出されていない状態です。

SONY UDA-1
ONKYO A-5VL
ONKYO A-7VL

いずれも、あまり安価な製品では無く、実売価格で5万円以上はしたようです。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。