So-net無料ブログ作成

アンプ→スピーカー接続ケーブル論争4 [オーディオ]

前回のブログまでは、長岡鉄男氏のコメントを忠実に記載したため、説明不足で不親切な内容となっていました。申し訳ありません。
そこで、少し説明させていただきたいと思います。読みやすいように箇条書きにしました。
・長岡鉄男氏のケーブルに関する話は、銅線の使用を前提としています。注釈がない場合はすべて銅線と考えてください。
・6N、7Nというのは銅線の純度の話です。
 6N=純度 99.9999%(9が6つ続くから6N)です、7Nも同様です
 ちなみに、キャプタイヤケーブルに使用されている銅はタフピッチ銅と言い、銅の純度は99.9%です。
・GC-OFC線とはLC-OFC線の類似品と思われます。OFCが共通ですから。
 LC-OFCとは線形結晶無酸素銅(英名:Linear Crystal Oxygen-Free Copper)のことで一般には電気伝導性が良いとされています。LCを略して、OFC線(無酸素銅線)と呼ばれることが多いです。
オーディオ用の配線としてはOFC線を使用していることをうたい文句にしている製品は多くあります。
以上でおよそご理解いただけたかと思います。
私は下記のキャプタイヤケーブルを入手し比較試聴しました。
 A:1.25mm2(1芯線構成:Φ0.18mm×50本)(2芯キャプタイヤ)
 B:2.0mm2(1芯線構成:Φ0.26mm×37本)(2芯キャプタイヤ)
 C:3.5mm2(1芯線構成:Φ0.32mm×45本)(4芯キャプタイヤ)
 D:5.5mm2(1芯線構成:Φ0.32mm×70本)(4芯キャプタイヤ)
※CとDは入手できるのが4芯だったので、4芯のうち対向した2芯のみ使用しています。また、Dのみは、プリメインアンプ及びスピーカー端子接続するには太すぎるため、Bのケーブルを15cm切り、圧着スリーブというアルミ製の線を圧着して継ぐものの5.5mm2仕様を使用して、2つの線をつなぎました。圧着工具でスリーブを3箇所くらいかしめ、その後100%Snはんだでスリーブとケーブル芯線をはんだ付けしました。その後、継いだ部分や芯線が見えている部分等導体は絶縁用ビニールテープでしっかり巻き、すべて絶縁してしっかりと固定しました。

詳細はまた次回とさせてください。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アンプ→スピーカー接続ケーブル論争3 [オーディオ]

引き続き、スピーカーケーブルの話です。(「アンソロジー 長岡鉄男」出版:音楽之友社)より
「被覆にも多くの問題がある。電気的性質も多少は影響すると思うが、より重要なのは機械的な性質だ。線材をしっかりと締め付け、被覆自体は強度が大きく、しかも鳴きにくく、十分な重量がある、というのが基本。

(長岡鉄男氏の)自作スピーカーケーブルは5.5mm2のキャプタイヤケーブルに2.0mm2 GC-OFC(非売品、4N純度のOFC)を圧着端子で接続して使用している。」

また(「長岡鉄男のオリジナルスピーカー設計術 こんなスピーカー見たことない1」出版:音楽之友社)Q&Aコーナーより
「(私が使用している)キャプタイヤケーブルは電気工事用の規格品であり、正式名称は”2芯ビニル線種ビニルキャプタイヤケーブル”といいます。太さによって7種類に分けられますが、オーディオ用として適用なのは、
 2.0mm2(1芯線構成:Φ0.26mm×37本)
 3.5mm2(1芯線構成:Φ0.32mm×45本)
 5.5mm2(1芯線構成:Φ0.32mm×70本)
の3種類でしょう。」

以上から長岡鉄男氏が使用していたスピーカーケーブルは
 5.5mm2のキャプタイヤケーブル(1芯線構成:Φ0.32mm×70本)に2.0mm2 GC-OFC(非売品、4N純度のOFC)を圧着端子で接続したもの
だということがわかりました。
また、雑誌の写真から”2.0mm2 GC-OFC”の長さは15cm程度で、形状から2芯のキャプタイヤケーブルであることがわかりました。このGC-OFC線が単線か撚線かはわかりません。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アンプ→スピーカー接続ケーブル論争2 [オーディオ]

引き続き、スピーカーケーブルの話です。(「アンソロジー 長岡鉄男」出版:音楽之友社)より
「撚線の特殊なものとしてシールド線に使われるような編線があるが、これは概してよくないようだ。実効長が長くなるとか、電気的には静電容量が増えるとか、構造上はガサガサしやすいとかデメリットが大きい。シールド効果を必要としない場合はデメリットだけがクローズアップされてしまう。
構造で問題なのは共振しやすさだ。ケーブルは交流を流せば振動する。振動は電気信号の一部を失わせることであり、同時に余分な信号(ノイズ、歪み)を付け加えることである。
振動しにくいのは、太くて柔らかい単線を使ったキャプタイヤケーブルだ。それはトゥイストをかけていない方がよい。
振動しやすいのは、硬い線材を使った極細の線を数10本数百本と撚り合わせた撚線で、被覆が薄く弱いものだ。
6N、7Nといった高純度の線材も炉から引き出したままの単線だと非常に柔らかいのだが、細く線引き加工するとピアノ線なみに硬くなってしまい指に突き刺さる。こうなると音も一変してしまう。同じ6Nを使っても、単線ケーブルと同じ断面積の撚線のケーブルとは、まったく別物である。」(つづく)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アンプ→スピーカー接続ケーブル論争1 [オーディオ]

私も長岡鉄男氏のファンの1人ですが、スピーカーケーブルを氏が使用していた5.5mm2になかなか踏み切れず、ずっとVCTFキャプタイヤケーブル1.25mm2を使っていました。
最近、長岡氏の文献(「アンソロジー 長岡鉄男」出版:音楽之友社)でスピーカーケーブルの記述を見つけました。

「(スピーカーケーブルの材質としては)銅が有利。銅の中では4Nより5N、5Nより6Nと純度の高いほうが有利と思うが、Nがひとつふたつふえたことによる違いよりは、断面積や物性面、構造、被覆による違いの方がはるかに大きい。それも一筋縄ではいかないから厄介だ。たとえば断面積は大きい方がいいのだが、大きすぎてもよくない。ベストの断面積があるはずだが、これも一律に決められない。ケーブルの全長、アンプ、スピーカーのキャラクター、音の好みによって変化する。
銅線の硬度については硬くて曲げにくい方がパワフルでハイスピードだが、共振によるくせが出やすい。柔らくて曲げやすい方がくせが少なくしなやかだが力がなく芯がない。一長一短なので好みで選ぶしかない。
撚線か単線かの問題も同様で、単線の方がハードでシャープでダイナミック、透明度が高いが、固有音が出やすい。撚線でも一本ずつの線径がΦ0.08mmまでいろいろあるが、太くなるにつれて単線に近づく。これも好みで選ぶしかない。」(つづく)
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

自作スピーカー内配線について [オーディオ]

長岡鉄男氏によると
「スピーカー内部配線はそれほど太いものでなくて良く、1.25mm2~3.5mm2のもので良い。」(「長岡鉄男のオリジナルスピーカー設計術1」出版:音楽之友社)とのことです。
同書によりますと、その理由は2つ。
・5.5mm2のような太い線をスピーカーにはんだ付けすることが困難
・どの道50cm程度の短い線なので、音質にあまり影響しない
からだそうです。
蛇足ですが、氏はメーカー製スピーカーも同様に細い線を使用しているとのこと。

自分自身は何気にいままで1.25mm2の線を使っていましたが、それほどこの線によって、音質が劣化した記憶はないので当たっていると思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

現代の若者のオーディオに対する関心傾向 [オーディオ]

独断と偏見で私見を述べます。
現代の若者はスマホに圧縮したMP3かAAC音楽をイヤホンで再生した音楽を聴いて満足していると思います。
自分の身の回りの若い人を見るとそう思わざる得ません。
良くて、イヤホンをオーバー型ヘッドフォンに変えるくらいです。
だから、名門スピーカーメーカーのJBLですらヘッドフォンを発売しているのでは?
国内オーディオ各社も高級イヤホンやヘッドフォンの開発に躍起です。
音楽を聴く形態が変わってきたのでしょうか?若い人は部屋でフルサイズコンポの音を部屋でスピーカーで聴くということをしませんね。
私たちが高校生の頃が1970~80年代オーディオブーム全盛期で、でもお金がないからコンポにお金がかけられず妥協していました。現在は、そこ頃できなかったことをやり直しているような気がします。
そうすると、現代のフルサイズコンポ市場を支えているのは、50歳以上の高年齢者層ですね。
しかし、若い人には目覚めてほしいですね。イヤホンやヘッドフォンで聴く音楽とスピーカーで聴く音楽は別次元。音像定位、楽器音の広がり、ダイナミックレンジどれをとっても圧倒的に魅了されます。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

いい加減に海外製品礼賛はやめましょうよ [オーディオ]

(一部再掲)雑誌<音楽の友>1965年4月号掲載のオーディオ・ア・ラ・カルトで故長岡鉄男氏が「オーディオ心理学」というタイトルでブラインド・ホールド・テストいわゆるブラインドテストについて寄稿しています。FM東海主催で数百名のオーディオファンを集めて実施されたそうです。1回目のスピーカーのテストでは機種を明示して実施。結果は定評がある機種が上位を占め、2回目のカートリッジ(アナログプレーヤーから針を通して音を取り出す心臓部の部品です)のブラインドテストを実施したところ、1位は国産の新製品で、有名な海外製品はかなり下位に落ちたとのこと。
あと、同様に長岡鉄男氏がブラインドテストについて寄稿された記事を読んだことがあります。1971年FMfan5号(FMfan特別編集MOOK21「開拓者・長岡鉄男」にも転載されています)に掲載された記事です。長岡氏を含め複数の方々がアナログプレーヤーにカートリッジのブラインドテストを実施したところ、安価な国産が高価な海外製品に勝ってしまうことが起こり、テストが中止されたそうです。その場の結論は「海外製品の価値は外観の美しさも含めて評価すべきだ。」とされたそうです。アンプ、スピーカーもブラインドテストこそ実施されていませんが、長岡氏は国産オーディオと海外製オーディオに音質的な差はないとしています。
安価な国産機が高価な海外製品に音質で勝つということは、既にこの時代から知られており、今に始まったことではないということです。それを長岡鉄男氏が寄稿したということは、名だたるご高齢のオーディオ評論家の皆さんは十分承知していたはずです。
また、長岡氏は1979年週間FM7月25日号(ONTOMO MOOK「長岡鉄男 観音力アンソロジー」にも転載されています)で「オーディオ評論は可能か」というタイトルで以下のように述べています。所詮、オーディオ雑誌は企業からの広告収入で成り立っている。だから、欠点だらけのものを挙げて徹底的に叩くということができないから、評論しないというスタンスをとるしかないのです。だから、長岡氏は海外製品の評価をしていないものが多いと推定されます。
この姿勢は氏がオーディオ評論を続けた1999年まで貫かれています。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SONY AVアンプ STR-DH790はSTR-DH770から後退した [オーディオ]

STR-DH790は型番からして、STR-DH770の後継機種です。
なのに、なぜスピーカー端子を「全てねじ式」から「フロントスピーカー1組のみねじ式で後はすべてプッシュ式ターミナル」に変更したのでしょうか?
VGP2019のAVアンプ部門でも、それを皮肉ったかのように、受賞しているのは旧型のSTR-DH770です。SONYさん、オーディオマニアをバカにしていませんか?
写真は上が、STR-DH770で下がSTR-DH790の背面です。
STR-DH770背面.jpg
STR-DH790背面.jpg
ひょっとして、これが狙いですか?下の写真は最も安価なSONYのAVアンプ STR-DH590の背面写真です。STR-DH590の背面パネルはSTR-DH790の背面パネルから部品を取り除けば、配置が全く同じです。コストダウンのために、下位グレードにスピーカーターミナル仕様を合わせたということですね。
STR-DH590背面.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

パイオニアCDプレーヤー PD-30AEを買ってしまいました [オーディオ]

Amazonアウトレットで16,000円強で出ていたので、思わず購入してしまいました。
感想は以下の通りです。

【デザイン】すっきりした角ばったデザインで合格点。

【音質】アナログ出力をプリメインアンプONKYO A-9050でスピーカーは自作、長岡鉄男先生設計バックロードフォーンD-100(FOSTEX FE126En使用)で試聴しました。J-popを中心に聞きましたが、きわめてフラットな音作りでほんのわずかにBASS強調されている感じ。しかし、長く聞いても疲れない、着色されていないピュアな音作りに好感が持てる。
ヘッドフォンアンプも出来が良いです。オーディオテクニカのATH-TAD400で試聴しましたが、フラットで疲れない音がここち良いです。
マランツのCD5005と比較すると、マランツは音作りが明るく感じ、時に疲れる感じがします。

【出力端子】アナログ、同軸デジタル、光デジタル3出力あり十分。

【操作性】下記写真のように、今までのパイオニアオリジナルリモコンと異なり、買収された親会社のONKYOのリモコンと共通化されています。このリモコンは隙間が多く、押し間違いが少なく好感が持てます。
PD-30AE_3.JPG
【読み取り精度】旧製品PD-30のようなSACD対応をあきらめ、CD専用にして安定したと思います。

【サイズ】フルサイズコンポとしては合格点でしょう。

【総評】おそらくPD-30とは別物と思われます。下記写真をご参照ください。
上がPD-30で下ががPD-30AEです。
PD-30外観.jpgPD-30AE_1.JPG

CDトレーの位置が全く異なることから、メカ部は全く別物と思われます。
PD-30AEはリモコンもONKYOと共通化され、コストダウンを図り、その分回路にお金をかけた秀作だと思います。
この価格帯で、ヘッドフォンアンプに実用性があるのがうれしいです。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ビックカメラ通販サイトの初期不良対応に不満あり [家電]

最近、ビックカメラ通販でスマホ用のアクティブスピーカーを購入しましたが、購入して最初から音が出ない初期不良でした。すぐに、ビックカメラ通販HPのサポートセンターに電話したところ、大変残念な回答が返ってきました。
「弊社では家電製品のノウハウがないため、メーカーのサポートセンターへお電話いただき、初期不良と確定されてから、再度お電話ください。」
こちらから「音が出ないから初期故障でしょう。そんなのわかるでしょ。」と言っても無駄でした。同じことを言われるだけでした。他の通販サイトではありえない対応です。
下記にビックカメラ通販HPの初期不良についての記載をご紹介します。
ビックカメラ初期不良対応2018.11.13_1.jpg
ビックカメラ初期不良対応2018.11.13_2.jpg
https://www.biccamera.com/bc/c/info/support/bad.jsp
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。